【瞑想の方法】手を上げて下げる瞑想 ~頭が良くなる、集中力アップ、うつに効く~

 

今や様々な分野の人が実践する瞑想。

有名なのはスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、イチロー、ビートルズのメンバーなど数々の著名人が実践しています。

 

瞑想は心の筋トレです。

しなやかな筋肉があると自由に動けるように、しなやかな心があると心も変な事に囚われず自由を手に入れる事ができるのです。

瞑想には色々な方法がありますが、ここでは『手を上げ下げする瞑想の方法』を紹介します。

瞑想の方法も色々あり、試してみて自分にあった方法で行うと良いです。他の瞑想方法はこちら。

 

【瞑想の方法】手を上げて下げる瞑想 ~頭が良くなる、集中力アップ、うつに効く~
仕事、人間関係、子育て、お金と考える事が多くて、頭の中がゴチャゴチャになっていませんか? やることが多すぎると頭の中が混乱して、ますますスピードが低下→さらにストレス、という負のスパイラルにはまります。 これを根本的に解決する方法『瞑想』を紹介したいと思います。 瞑想というと宗教臭いとか思う人がいるかも知れませんが、僕自身スピリチュアルが好きではないので、そういった要素はありません。 瞑想はスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、イチロー、ビートルズのメンバーなど数々の著名人が実践しています。 瞑想は心の筋トレです。 しなやかな筋肉があると自由に動けます。同じように、しなやかな心があると心も変な事に囚われず自由を手に入れる事ができるのです。 ここでは、簡単に始められる実践的な瞑想の方法を紹介します。
無駄なことばかり考えてしまうあなたにおすすめ!散歩しながらできる瞑想『歩く瞑想の方法』
悩みが頭の中をグルグル回って集中できない。。。 気付くと昔の後悔ばかりしている。。。 過去のことを考えても無意味です。 ここでは今やるべきことに集中し、最大の結果をもたらす瞑想の方法を紹介します。 ...
悩みを消す即効薬『慈悲の瞑想』を実践しよう
慈悲の瞑想で安らかな日々を送る。その方法 朝起きた瞬間から悩みが頭をもたげる。。。 やる気が出ない。。。 常に心にモヤモヤがある。。。 ここで書くのは、即効性のある瞑想法です。 瞑想というか考え...

 

【瞑想の方法】手を上げて下げる瞑想 ~頭が良くなる、集中力アップ、うつに効く~

スポンサーリンク

瞑想をする理由

普段の生活では心は野放しです。

美味しそうな匂いを嗅いだら食べたい、綺麗な景色を見たら綺麗、汚かったら汚い。

Youtubeを見て、これは楽しい、この人はなんだか気に入らない。

 

実際にはそれはあるだけで、綺麗も汚いもないです。

あるのは勝手な思い込みだけです。

 

瞑想は世界を自分の思い込みなしでみる方法、そして心がどういった動きをするのかを観る方法です。

この詳しい解説はスマナサーラ長老の著作に書かれています。ここで僕が中途半端に説明するよりも本を読んだほうが良いです。値段もすごく安いので、読むことをおすすめします。

スマナサーラ長老の著作は全部面白いですが、この瞑想については『感覚について:ヴィパッサナーー瞑想実践の道しるべ』がおすすめです。

 

原始仏教でおすすめの本はこちらで紹介しています。

~精神を育てる~ ヨガ、原始仏教を学ぶのにおすすめの本
~精神を育てる~ ヨガ、原始仏教を学ぶのにおすすめの本 自分が成長したいなら、本を読むことはすごく重要です。 他の人の考え方を取り入れられますし、仏教などの古典は時代を乗り越えて読まれ続けてるわけですから、なおさら良いです。 ...

 

スポンサーリンク

手を上げて下す瞑想の方法

まず簡単な瞑想法から、これは手を上げてそれから下げるという瞑想です。

これはヴィパッサナー瞑想と言われるものです。

別に何かの儀式ではないので、気楽にやりましょう。

では、やり方を説明していきます。

 

スポンサーリンク

1.背筋を伸ばして座る

足が床につく椅子に座ります。

頭のてっぺんを糸で真上に引っ張られているように想像すると、グッと背筋が伸びます。

 

スポンサーリンク

2.膝の上に手を置き、自分の現在の手の位置を覚える

膝の上に手を置いて一度深呼吸し、体の位置を覚えます。

見て覚えるのではなく、身体感覚で覚えましょう。

 

スポンサーリンク

3.左右どちらかの手をゆっくり上げながら、「上げる、上げる、上げる」と実況中継します。

この時、体の感覚を感じてから言葉を当てていきます。野球の実況中継で「打ったー!ボールは左中間を抜け、、、」みたいな感じです。

腕を上げながら、「上げる上げる上げる」と中継します。そうすると、手、腕、肩などに様々な感覚があることに気付くのではないでしょうか?

意識を向ける場所は手、腕、肩など現在動かしている箇所に絞ってください。

 

重要

言葉が感覚より先に行かないように。

言葉が先だと命令になってしまいます。

 

スポンサーリンク

4.上まで上がったら「止まる」と中継し、今度は「下ろす、下ろす」と言いながら下ろしていきます。

常に流れる感覚を意識しながら実況中継を続けます。

すると他の思考が紛れ込んできます。

「あの宿題やらないと、仕事大丈夫かな?、眠い、、、」などなど、つまり心が他の場所に行っているわけです。それに気がついたら、すぐに手の感覚に意識を戻しましょう。

その行為を否定したりせずに、ただ感覚に意識を戻します。

 

スポンサーリンク

5.下ろしきったら、最初に手があった場所に戻す

そのときは「置く、置く」と中継しながら戻します。

この最初の位置は身体感覚でやってみましょう。

 

スポンサーリンク

6.片手が終わったらもう片方

他の腕を同じようにやって、出来ればもう1セットやってみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が手を上げて下げる瞑想の方法です。

簡単な方法なので、ちょっとした休憩のときにやってみるといいですね。

やり終わった後は頭がスッキリします。

 

他の瞑想方法も書いてますので興味があれば読んでみてください。

瞑想方法も合ってる合ってないがあるので、色々な瞑想方法を試すことをおすすめします。