マインドマップで勉強したことをまとめたら効率的だった


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 191

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 194

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sssn/okiraku.life/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 213

せっかく読んだ実用書。数日は覚えてるのに一ヶ月もたつと何も覚えてない。。。

でも、いいこと書いてある本だったなあ。あれどこに書いてあったっけ?ページをまためくり、めくり。。。時間の無駄。。

ビル・ゲイツも本の内容をしっかりメモして、理解できている事を確認しています。

 

僕もよく内容を忘れる経験があって、マインドマップでノートするようになってから効率が格段に上がりました!

技術書やビジネス書など、せっかく読んで得た知識は、要点を全部自分でまとめてしまいましょう!


 

マインドマップとは?

 

上の絵がマインドマップです。具体的にいうと、

マインドマップトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

引用:wikipedia

です。

この絵を使って新しい発想を得たり、記憶したりするわけです。

 

 

ビル・ゲイツも実践するメモ

 

読書しているときに気をつけなければいけないのは、本当に集中しているのかということ。とくにノンフィクションの本を読んでいるときはね。本の中の新しい情報を理解して、自分の持っている情報とつなげているかどうか。余白にメモを取ることは、本の内容についてしっかり考えるのに役立っているんだ。

(原文)動画 0:10-0:29

When you are reading you have to be careful that you really are concentrating, particularly if it’s a non-fiction book. Are you taking the new knowledge and sort of attaching to knowledge you have. For me taking notes helps make sure that I’m really thinking hard about what’s in there.

「How Bill Gates reads books/Youtube」より

 

ビル・ゲイツも本の内容をしっかりメモして、理解できている事を確認しています。

なんとなく読むのではなく集中して理解する「攻めの読書」が必要なんですね。

これが、簡単なものであれば軽くメモですむのですが、数値などが入ったものだと一冊分読んで覚えるのは至難の業だと思います。

 

そこで、マインドマップを使い重要な要素を書き出し、いつでも読み直せるようにしておきます。

あなたの財産が手に入るわけです。

 

スポンサーリンク

マインドマップの利点

でも、なんでわざわざマインドマップにするのでしょうか?

頭の良い人はノートが綺麗と言いますね。それと同じでただの文字の羅列よりもパッと見で欲しい情報がみれるし、記憶にも残りやすいのです。

 

 

マインドマップの書き方

 

では、まとめ用のマインドマップの書き方を説明します。

スポンサーリンク

まず、全部読んで簡単なマインドマップを作ろう

椋木修三さんの著書で「超高速勉強法」という本があります。

この本の内容は素晴らしく、おおっこれは勉強がはかどるぞっと思っていましたが、数日したら所々覚えていて、半年後には全く覚えていませんでした!笑

良いことは習慣にすれば1番いいのですが、それにもたまに復習が必要です。

 

中心に本のタイトル、目次をまわりに。

汚いのですが、後で書き直すので適当で大丈夫です。自分が重要だと思ったところのページ数や言葉を書き出していきます。とりあえず1章、2章の重要な部分を書き出しました。

手書きが面倒ならパソコンにメモしてもよいですね。

 

スポンサーリンク

全部読んだら、もしくは一章単位で本当のマインドマップを書く

 

一ヵ月後には全て忘れてしまう私ですが、さすがに読んで数日は、書き出したキーワードをみればなんの事かは覚えています。

そのキーワードを元にマインドマップを書いていきましょう!

写真は僕のピアノ練習法のまとめです。

 

マインドマップの書き方が分からない方はこちらで読めますが、別に全部守らなくても、綺麗になってればオッケーでしょう!

マインドマップの書き方・描き方 「6つの法則」
マインドマップをかく際には、守ってほしい「6つの法則」があります。 この6つの法則は、マインドマップの良さを最大限に発揮するために考えられたものですので、マインドマップを使う時の指針として守っていきましょう。 また、「なぜこのような法則があるのか?」を理解することで、その大切さがより深く分かり、また応用方法も考えること...

 

 

まとめ

 

この方法で色々な覚えておきたいことをメモしておくと、小さなノートが自分の偉大な財産になります。

ただ、マインドマップにしやすい題材としづらい題材があるので、そこはご自分で考えてみてください。なんにせよ、まったくもっておすすめです。

それと、上で紹介した超高速勉強法はおすすめの本なので一読をすすめます。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。